VIDESTA | コードギアス 反逆のルルーシュ

皇暦2017年。神聖ブリタニア帝国の属領となり、エリア11と呼ばれる日本。アッシュフォード学園に通うルルーシュは、テロリストとブリタニア軍の戦いに巻き込まれた最中、ブリタニア軍に所属する旧友の枢木スザクと再会する。だが二人の前にある少女が現れ悲劇は起きた。ブリタニア軍から少女とルルーシュを庇おうとしたスザクが、銃で撃たれてしまったのだ。悲嘆するルルーシュに、少女・C.C.は“ギアス”という力を授ける。絶対遵守のカーそれを手に入れたルルーシュは、ゼロという名の仮面を被り、レジスタンスをまとめ上げ黒の騎士団を組織。各地でブリタニアに対する反逆の烽火をあげる。しかし「行政特区日本」設立記念式典での日本人虐殺事件に端を発する黒の騎士団を先鋒とした日本人の一斉蜂起事件“ブラック・リベリオン”は失敗し、ゼロの戦死が公表された。そして皇暦2018年。ルルーシュは、その記憶を父親であるブリタニア皇帝シャルルにより書き換えられ、再び学生としての日々を過ごしていた。しかし、C.C.との再会により記憶を全て取り戻した彼は、再びブリタニアに宣戦布告する。自分を裏切った親友・スザク、偽りの弟・ロロ、そして愛した少女・シャーリー…ギアスの力を他人に知られ、敵からも味方からも追われることになったルルーシュ。ついには何よりもかけがえのない大切な妹・ナナリーさえも、敵として対面することになる…! そしてルルーシュとスザクは、最後の計画“ゼロ・レクイエム”を実行する。

©SUNRISE/PROJECT GEASS Character Design 2006 CLAMP・ST