BD

キッズ・リターン 再会の時

ビートたけしの小説を基に、10年後のシンジとマサルを描く。
青春映画の金字塔『キッズ・リターン』の正統なる続編!
見返してやろうぜ。
  • 販売期間 2014/01/20 19:15
  • 発売日 2014/04/25
  • 在庫状況
  • 購入数
¥5,280 (税込)
  • 特典・仕様

    映像特典
    ・メイキング「再会への挑戦」
     130日にも及ぶ本格的なトレーニングに挑んだ平岡祐太、そして初のヤクザ役を果敢に演じてみせた三浦貴大。前作スタッフも多く参加した もう一つの「再会の物語」がそこに。その挑戦に密着した感動ドキュメンタリー!
    ・予告
    ・TVスポット

  • スペック

    品番:BCXJ-0829

    ジャンル:劇場公開映画(邦画)

    (本編107分+特典41分)/DTS-HD Master Audio(5.1ch)・リニアPCM(ステレオ)/AVC/BD50G/16:9<1080p High Definition>・一部16:9<1080i High Definition>/英語字幕付(ON・OFF可能)/カラー/確148分/1巻

  • 内容

    制作年度:2013年


    落ちこぼれの同級生シンジとマサルは、高校生活が終わるとシンジはボクシング、マサルはヤクザの道を選んだ。その道の頂点を目指し、別々の世界に飛び込んだふたりだったが、世間は甘くなく、理想と現実のギャップ、越えられない壁にぶつかり挫折――。
     会うこともなく10年が過ぎ、ふたりはうだつの上がらない生活を送っていた。シンジはボクシングに以前のような情熱を傾けられず、ジムも辞めてただアルバイトをこなす日々。刑務所から出所したばかりのマサルは、ヤクザの道に戻るしかなかった。しかしふたりが、ふとした偶然から再会を果たした時、互いのくすぶっていた心に火がついた。「見返してやろうぜ!」マサルの言葉を胸に、再びリングに上がるシンジ。一方のマサルも、自らの人生をかけたある勝負に出ようとしていた。傷だらけのふたりに、道は開けるのか――。

  • スタッフ

    監督:清水 浩/原案:ビートたけし/脚本:益子昌一、清水 浩/音楽:遠藤浩二/撮影:鍋島淳裕/照明:三重野聖一郎/美術:尾関龍生/録音:久連石由文/編集:太田義則/助監督:吉田 亮/キャスティング:吉川威史/衣裳:森口誠治/メイク:宮内三千代/ボクシング指導:梅津正彦/音響効果:柴崎憲治/製作担当:齋藤悠二/エグゼクティブ・プロデューサー:森 昌行/プロデューサー:加倉井誠人/ライン・プロデューサー:小宮慎二/アソシエイト・プロデューサー:川城和実、井澤昌平、太田和宏、吉田多喜男/製作:バンダイビジュアル、テレビ東京、東京テアトル/オフィス北野/宣伝協力:BS日本映画専門チャンネル

  • キャスト

    平岡祐太/三浦貴大
    倉科カナ/中尾明慶/市川しんぺー/小倉久寛
    池内博之/杉本哲太/ベンガル

  • お支払方法

    ■クレジットカード
    ご利用いただけるクレジットカード:
    Visa、American Express、MasterCard、JCB、DC
    決済手数料:弊社負担
    お支払い回数:一括払いのみ


    ■コンビニエンスストア
    決済手数料:330円(税込)
    ご利用いただける店舗:
    セブンイレブン、ローソン、ファミリーマート、ミニストップ、デイリーヤマザキ、セイコーマート


    ■Pay-easy(ペイジー)
    決済手数料:330円(税込)
    「Pay-easy」マークが貼付されているATMでお支払いができます。


    ■代金引換
    代引き手数料:330円(税込)


    ■後払い
    決済手数料:330円(税込)
    ご利用限度額:累計残高で110,000円(税込)まで
    ジャックス・ペイメント・ソリューションズ株式会社が提供する後払い決済サービスです。


    ■ドコモ払い、auかんたん決済、ソフトバンクまとめて支払い、PayPay、LINE Pay、Apple Pay、メルペイネット決済、モバイルSuica
    決済手数料:330円(税込)


    ※配送業者へのお支払いは現金のみ取り扱っております。
    ※分割配送の場合、商品発送ごとにご請求となります。
    ※土日祝日の発送はございません。

  • 必ずお読みください

    レーベル BANDAI VISUAL

    発売元  バンダイナムコアーツ

    販売元  バンダイナムコアーツ

    (c)2013『キッズ・リターン 再会の時』製作委員会